So-net無料ブログ作成

Raspberry Piで遊ぼう [No.7:ファイル共有サーバを作ろう] [Raspberry Pi]


Raspberry piでファイル共有(samba)サーバを作ってみたいと思います。
まず、USBの外付けHDDを用意します。
私が使ったのは、BUFFALOのポータブルHDD(HD-PF320UK-BK)です。
外付けHDDはNTFSであらかじめフィーマットしておきます。
Raspberry piでNTFSを扱うため、ntfs-3gをインストールします。

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install ntfs-3g
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libblas3gf liblapack3gf
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  ntfs-3g
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
694 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,513 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main ntfs-3g armhf 1:2012.1.15AR.5-2.1 [694 kB]
694 kB を 2秒 で取得しました (248 kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
以前に未選択のパッケージ ntfs-3g を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 60897 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../ntfs-3g_1%3a2012.1.15AR.5-2.1_armhf.deb から) ntfs-3g を展開しています...
initramfs-tools のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
ntfs-3g (1:2012.1.15AR.5-2.1) を設定しています ...
update-initramfs: deferring update (trigger activated)
initramfs-tools のトリガを処理しています ...



HDDを接続して、再起動させます。
pi@raspberrypi ~ $ sudo shutdown -r now


HDD認識されているか確認します。赤色の部分を見ると、ちゃんと認識できています。
pi@raspberrypi ~ $ dmesg|more
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Linux version 3.6.11+ (dc4@dc4-arm-01) (gcc version 4.7.2 20120731 (prerelease) (crosstool-NG l
inaro-1.13.1+bzr2458 - Linaro GCC 2012.08) ) #371 PREEMPT Thu Feb 7 16:31:35 GMT 2013
[    0.000000] CPU: ARMv6-compatible processor [410fb767] revision 7 (ARMv7), cr=00c5387d
[    0.000000] CPU: PIPT / VIPT nonaliasing data cache, VIPT nonaliasing instruction cache
[    0.000000] Machine: BCM2708
[    0.000000] cma: CMA: reserved 16 MiB at 1b000000
[    0.000000] Memory policy: ECC disabled, Data cache writeback
[    0.000000] On node 0 totalpages: 114688
[    0.000000] free_area_init_node: node 0, pgdat c053b834, node_mem_map c05e5000
[    0.000000]   Normal zone: 896 pages used for memmap
[    0.000000]   Normal zone: 0 pages reserved
[    0.000000]   Normal zone: 113792 pages, LIFO batch:31
(省略)
[    3.562436] usb 1-1.3: new high-speed USB device number 5 using dwc_otg
[    3.852909] usb 1-1.3: New USB device found, idVendor=0411, idProduct=0137
[    3.861986] usb 1-1.3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0
[    3.886316] usb 1-1.3: Product: BUFFALO WLI-UC-G
[    3.893216] usb 1-1.3: Manufacturer: Ralink
[    3.987286] udevd[156]: starting version 175
[    4.553609] scsi 0:0:0:0: Direct-Access     WDC WD32 00BEVT-22ZCT0         PQ: 0 ANSI: 2
[    4.589633] sd 0:0:0:0: [sda] 625142448 512-byte logical blocks: (320 GB/298 GiB)
[    4.633495] sd 0:0:0:0: [sda] Write Protect is off
[    4.640494] sd 0:0:0:0: [sda] Mode Sense: 38 00 00 00
[    4.652316] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page present
[    4.659933] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through
[    4.703761] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page present
[    4.711370] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through
[    4.790221]  sda: sda1
[    4.813898] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page present
[    4.821502] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through
[    4.861312] sd 0:0:0:0: [sda] Attached SCSI disk



外付けHDDをマウントできるようにします。
あれ、もうマウントされているようです。
pi@raspberrypi ~ $ sudo mount -t ntfs-3g /dev/sda1 /mnt/disk1
Mount is denied because the NTFS volume is already exclusively opened.
The volume may be already mounted, or another software may use it which
could be identified for example by the help of the 'fuser' command.

pi@raspberrypi ~ $ df -k
ファイルシス   1K-ブロック    使用    使用可 使用% マウント位置
rootfs             7579104 2643636   4609208   37% /
/dev/root          7579104 2643636   4609208   37% /
devtmpfs            216132       0    216132    0% /dev
tmpfs                44880     264     44616    1% /run
tmpfs                 5120       0      5120    0% /run/lock
tmpfs                89740       0     89740    0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1       57288   18960     38328   34% /boot
/dev/sda1        312568828   97320 312471508    1% /media/FE166D10166CCAEB



起動時にマウントできるようにします。
pi@raspberrypi ~ $ sudo mkdir /mnt/share
pi@raspberrypi ~ $ sudo cp -p /etc/fstab /etc/fstab.org
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/fstab
pi@raspberrypi ~ $ sudo diff /etc/fstab.org /etc/fstab
3a4
> /dev/sda1       /mnt/share      ntfs-3g defaults          0       0



再起動します。
pi@raspberrypi ~ $ sudo shutdown -r now


ちゃんと/mnt/shareでマウントできました。
pi@raspberrypi ~ $ df -k
ファイルシス   1K-ブロック    使用    使用可 使用% マウント位置
rootfs             7579104 2643844   4609000   37% /
/dev/root          7579104 2643844   4609000   37% /
devtmpfs            216132       0    216132    0% /dev
tmpfs                44880     264     44616    1% /run
tmpfs                 5120       0      5120    0% /run/lock
tmpfs                89740       0     89740    0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1       57288   18960     38328   34% /boot
/dev/sda1        312568828   97320 312471508    1% /mnt/share



続いてsambaをインストールします。
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install samba
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libblas3gf liblapack3gf
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下の特別パッケージがインストールされます:
  tdb-tools
提案パッケージ:
  openbsd-inetd inet-superserver smbldap-tools ldb-tools ctdb
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  samba tdb-tools
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
3,372 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 20.2 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? Y
取得:1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main samba armhf 2:3.6.6-5 [3,347 kB]
取得:2 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main tdb-tools armhf 1.2.10-2 [25.9 kB]
3,372 kB を 4秒 で取得しました (681 kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
以前に未選択のパッケージ samba を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 60964 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../samba_2%3a3.6.6-5_armhf.deb から) samba を展開しています...
以前に未選択のパッケージ tdb-tools を選択しています。
(.../tdb-tools_1.2.10-2_armhf.deb から) tdb-tools を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
samba (2:3.6.6-5) を設定しています ...
Generating /etc/default/samba...
グループ `sambashare' (グループ ID 110) を追加しています...
完了。
update-alternatives: /usr/bin/smbstatus (smbstatus) を提供するために 自動モード で /usr/bin/smbstatus.samba3  を使います
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.
tdb-tools (1.2.10-2) を設定しています ...
update-alternatives: /usr/bin/tdbbackup (tdbbackup) を提供するために 自動モード で /usr/bin/tdbbackup.tdbtools を使います
pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install samba-common-bin
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  libblas3gf liblapack3gf
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  samba-common-bin
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
2,708 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 15.9 MB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main samba-common-bin armhf 2:3.6.6-5 [2,708 kB]
2,708 kB を 2秒 で取得しました (1,004 kB/s)
以前に未選択のパッケージ samba-common-bin を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 61055 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../samba-common-bin_2%3a3.6.6-5_armhf.deb から) samba-common-bin を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
samba-common-bin (2:3.6.6-5) を設定しています ...
update-alternatives: /usr/bin/nmblookup (nmblookup) を提供するために 自動モード で /usr/bin/nmblookup.samba3  を使います
update-alternatives: /usr/bin/net (net) を提供するために 自動モード で /usr/bin/net.samba3 を使います
update-alternatives: /usr/bin/testparm (testparm) を提供するために 自動モード で /usr/bin/testparm.samba3 を使います



sambaの設定を追加します。
pi@raspberrypi ~ $ sudo cp -p /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.org
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/samba/smb.conf
pi@raspberrypi ~ $ sudo diff /etc/samba/smb.conf.org /etc/samba/smb.conf
333a334,342
> # Add Start
> [share]
> comment = share drive
> read only = no
> locking = no
> path = /mnt/share
> guest ok = yes
> force user = pi
> # Add End



パスワードを設定します。
pi@raspberrypi ~ $ sudo smbpasswd -a pi
New SMB password:********
Retype new SMB password:********
Added user pi.


smanbaを再起動します。
pi@raspberrypi ~ $ sudo service samba restart
[ ok ] Stopping Samba daemons: nmbd smbd.
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.


共有ファイルのディレクトリを作成します。
pi@raspberrypi ~ $ cd /mnt/share
pi@raspberrypi /mnt/share $ mkdir Music
pi@raspberrypi /mnt/share $ mkdir Video


Windows7からアクセスします。
rp7-01.png

shareが見えました。
rp7-02.png

MusicとVideoのディレクトリも存在します。
rp7-03.png

これでファイル共有は完成です。

[No.1:Raspberry Piが届いた]はこちらです。
[No.2:ブートイメージSDカードを作ろう]はこちらです。
[No.3:初期設定をしよう]はこちらです。
[No.4:環境設定をしよう]はこちらです。
[No.5:VNC接続をしよう]はこちらです。
[No.6:無線LANを接続しよう]はこちらです。

次回もお楽しみに!!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。