So-net無料ブログ作成

LDAP GUIツールでLDAPサーバを参照しよう [LDAP]

LDAPのGUIツールを調べてみると何件か見つけることができます。

JXplorer
http://www.jxplorer.org/

LDAP Admin
http://www.ldapadmin.org/

LDAP Browser/Editor
http://www.novell.com/coolsolutions/tools/13765.html

今回は使いやすそうなLDAP Browser/Editorを紹介します。

LDAP Browser/EditorはJavaで作られていますので、jreをインストールしておく必要があります。

jreはここからダウンロードできます。
http://java.com/ja/download/

無料のJavaのダウンロードをクリックします。
lbe01.png

同意して無料ダウンロードを開始をクリックします。
lbe02.png

ダウンロードしたJavaSetup7u9.exeを起動します。
lbe03.png

インストールをクリックします。
lbe04.png

しばらく待ちます。
lbe05.png

閉じるをクリックします。
lbe06.png

LDAP Browser/Editorにアクセスします。
Downloadのzipファイルをダウンロードします。
lbe07.png

ダウンロードしたbrowser281.zipを解凍します。
lbe08.png

ldapbrowserのフォルダをCドライブ直下に移動します。
lbe09.png

ldapbrowserフォルダを開きます。
lbe10.png

LdapBrowserのショートカットを右クリックして、プロパティを開きます。
lbe11.png

リンク先を変更します。
(変更前)
"C:\Program Files\JavaSoft\Jre\1.2\bin\javaw.exe" -jar browser.jar
 ↓
(変更後)
"C:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin\javaw.exe" -jar browser.jar
lbe12.png

変更したら、LdapBrowserのショートカットをダブルクリックで起動します。
lbe11.png

Newをクリックします。
lbe13.png

Host,Base DN,Anonymuos bind,User DN,Passwordを環境に合わせて変更します。
lbe14.png

こんな感じにします。
lbe15.png

名前がnewになっているので、Renameで変更します。
lbe16.png

IPアドレスがわかりやすいでしょう。
lbe17.png

接続先を選んで、Connectをクリックします。
lbe18.png

接続ができると、Base DN配下の情報が表示できます。
lbe19.png

次回もお楽しみに!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。