So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows7(x64)でNTPサーバを構築しよう(ntpd編) [NTP]

Winodws7(x64)をNTPサーバにしたいと思います。
一般的にはレジストリを構成して、NTPサーバにしますが、今回はWindows版のntpdをインストールしてNTPサーバにします。
Windows版ntpdはMeinberg社(時間同期・周波数同期用機器の会社)のホームページにあります。


NTP for Windows NT/2000/XP/Server 2003/Vista/Windows 7/Server 2008はここからダウンロードします。

モニタツールもダウンロードしておきます。
NTP Time Server Monitor for Windows NT/2000/XP/Server 2003/Vistaはここからダウンロードします。

ダウンロードしたntp-4.2.4p8@lennon-o-lpv-win32-setup.exeをダブルクリックで起動します。
ntpd-01.png

I Agreeをクリックします。
ntpd-02.png

Nextをクリックします。
ntpd-03.png

Nextをクリックします。
ntpd-04.png

Nextをクリックします。
ntpd-05.png

はいをクリックします。
ntpd-06.png

はいをクリックします。
ntpd-07.png

Nextをクリックします。
ntpd-08.png

アカウントを作成します。(アカウント名とパスワードはお好きなものを)
ntpd-09.png

Finishをクリックします。
ntpd-10.png

ntpdサービスが追加されました。
ntpd-11.png

Windows Timeは無効化されました。
ntpd-12.png

次にモニタツールをインストールします。ntp-time-server-monitor-104.exeをダブルクリックで起動します。
ntpd-13.png

Nextをクリックします。
ntpd-14.png

Nextをクリックします。
ntpd-15.png

Nextをクリックします。
ntpd-16.png

Nextをクリックします。
ntpd-17.png

Finishをクリックします。
ntpd-18.png

設定ファイル(ntp.conf)を編集します。
64bitではC:\Program Files (x86)\NTP\etcにntp.confがあります。
ntpd-19.png

同期するNTPサーバを書きます。
server ntp.nict.jp
server ntp.nasa.gov
server ntp.sut.ac.jp
(上からNICT,NASA,東京理科大学です。)

外部のNTPサーバへのNTPアクセスを許可します。
restrict ntp.nict.jp mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict ntp.nasa.gov mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery
restrict ntp.sut.ac.jp mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery

内部NWからのNTPアクセスを許可します。
restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
ntpd-20.png

ntpdサービスを再起動します。
ntpd-21.png

モニタツールを起動します。
ntpd-22.png

あら、ここからサービスは制御できます。
NTP Statusのタブをクリックします。
ntpd-23.png

しばらく待っていると、同期が完了します。
ntpd-24.png

これでNTPサーバのインストールは完了です。
Windows7の場合、ファイアウォールの設定をしないと、NTPクライアントは同期できません。
ファイアウォールを構成します。コントロールパネルを開き、Windowsファイアウォールを開きます。
ntpd-25.png

左ペインの詳細設定をクリックします。
ntpd-26.png

左ペインの受信の規則をクリックします。
ntpd-27.png

右ペインの新しい規則をクリックします。
ntpd-28.png

ポートにチェックを入れ、次へをクリックします。
ntpd-29.png

UDPにチェックを入れ、特定のローカルポートに123と入力し、次へをクリックします。
ntpd-30.png

接続を許可するにチェックを入れ、次へをクリックします。
ntpd-31.png

パブリックのチェックを外し、次へをクリックします。
ntpd-32.png

名前にNTP Serviceと入力し、完了をクリックします。
ntpd-33.png

これでNTPクライアントからのアクセスが可能となりました。

Windows XPから時刻同期を行ってみます。現在はtime.windows.comと同期しています。
ntpd-34.png

NTPサーバのIPアドレスを入れ、今すぐ更新をクリックします。
ちゃんと更新できました。
ntpd-35.png

次回もお楽しみに!!