So-net無料ブログ作成

Windows Server 2008 R2にWSUSをインストールしてみよう[No.6] [WSUS]

グループポリシーを構成して、ドメイン環境のクライアントをWSUSの管理下にします。
まず、ADサーバーでグループポリシーの管理を起動し、グループポリシーオブジェクトを展開します。
wsusad01.png

Clients Policyを右クリックして、編集をクリックします。
Clients Policyは標準ではありません。こちらを参照してください。
wsusad02.png

コンピュータの構成-管理テンプレート-Windowsコンポーネント-Windows Updateと展開します。
すべて未構成なので、必要なポリシーを構成します。
wsusad03.png

①自動更新を構成する
 有効に設定し、2-ダウンロードインストールを通知を設定します。
wsusad04.png

②イントラネットのMicrosoft更新サービスの場所を指定する
 有効に設定し、urlを指定します。WSUSサーバーのホスト名ws2k8r2wu1なのでhttp://ws2k8r2wu1にします。
wsusad05.png

③自動更新の検出頻度
 有効に設定し、間隔(最小1時間)を8時間に設定します。(クライアントの環境に応じた値に設定してください。)
wsusad06.png

④自動更新を直ちにインストールすることを許可する
 有効に設定する
wsusad07.png

⑤クライアント側のターゲットを有効にする
 有効に設定し、WSUSで作成したClientsを入力します。
wsusad08.png

これでグループポリシーは構成できました。
wsusad09.png

ドメイン環境のクライアントがドメインにログオンするとグループポリシーが適用され、WSUSから更新プログラムが提供されるようになります。


次回もお楽しみに!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。