So-net無料ブログ作成

Symantec LiveUpdate Administrator 2.3.1をインストールしてみよう [No.5] [Symantec]

Symantec LiveUpdate Administrator 2.3.1をインストールしてみよう」は今回が最後です。
LUAサーバとLiveUpdateサーバができましたので、SEPクライアントがLiveUpdateできるように設定ファイルを作成し、反映したいと思います。
SEPM管理下のSEPクライアントは、SEPMコンソールで設定を行います。管理外のSEPクライアントは、今回の手順でLiveUpdateできるようになります。
SymantecのナレッジにもSEP 12.1 管理外クライアントが社内 LiveUpdate サーバーへ接続するように設定する方法についてがありますので、参照してください。
Symantec LiveUpdate Administratorにログインします。
lua5-01.png

メニューの設定をクリックします。
lua5-02.png

メニューの配布元サーバーをクリックしてから、追加ボタンをクリックします。
lua5-03.png

配布元サーバー名、優先度、ホスト名/IPアドレス、ルートディレクトリ、プロトコルを入力します。
lua5-04.png

スクロールして、OKボタンをクリックします。(2台以上ある場合は、フェールオーバーを追加します。)
lua5-05.png

作成した配布元サーバーが追加されました。
lua5-06.png

メニューのクライアント設定をクリックし、追加ボタンをクリックします。
lua5-07.png

名前を入力し、先ほど作成した配布元サーバー情報にチェックを入れ、OKボタンをクリックします。
lua5-08.png

クライアント設定が追加されました。
lua5-09.png

作成したクライアント設定にチェックを入れ、Windows設定のエクスポートボタンをクリックします。
lua5-10.png

保存します。ファイル名はSetting.Hosts.LiveUpdateです。名前は変えないでください。
lua5-11.png

保存完了。
lua5-12.png

SEPクライアントがSEP 11.0の場合は、以下のようにC:\Program Files\Symantec\LiveUpdateをエクスプローラで開きます。
lua5-13.png

先ほど保存したSetting.Hosts.LiveUpdateをコピーします。
lua5-14.png

タスクトレイにあるSEPクライアントのアイコンからSymantec Endpoint Protectionを開きます。
LiveUpdateボタンをクリックします。
lua5-15.png

LiveUpdateの接続先が反映されていることを確認します。
lua5-16.png

LiveUpdateサーバーからダウンロードが行われます。
lua5-17.png

最新になればOKです。
lua5-18.png

SEP 12.1クライアントの場合は、以下のフォルダです。手順はSymantecのナレッジを参照してください。

Windows XP / Windows 2003 の場合
"C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Symantec\Symantec Endpoint Protection\12.1.671.4971.105\Data\Config\"

Windows Vista / Windows 7 / Windows 2008 の場合
"C:\ProgramData\Symantec\Symantec Endpoint Protection\12.1.671.4971.105\Data\Config\"

次回もお楽しみに!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。