So-net無料ブログ作成

Visual Studio 2010 Express + Windows SDK 7.1のインストール(No.4) [VS2010]

Windows SDK 7.1を使うためにVC++ 2010 Expressの環境設定を行います。
スタートメニューからMicrosoft Visual C++ 2010 Expressを起動します。
新しいプロジェクトをクリックします。
vcit41.png

Win32プロジェクトを選び、名前欄にtestと入力してOKをクリックします。
vcit43.png

Win32アプリケーションのウィザードで次へをクリックします。
vcit44.png

空のプロジェクトにチェックを入れて、完了をクリックします。
vcit45.png

testプロジェクトができました。
vcit46.png

ツールメニューの設定から上級者用に設定を選択します。
vcit47.png

ちょっと画面が変わりましたね。
vcit48.png

表示からプロパティマネージャを選択します。
vcit49.png

testを右クリックして、プロパティを選択します。
vcit50.png

プロパティで全般をクリックします。
プラットフォームツールセットがv100になっています。
vcit51.png

参考にVC++ディレクトリをクリックします。
vcit52.png

各ディレクトリの設定は以下のようになっていました。
vcit53.png

元にもどって、全般のプラットフォームツールセットでWindows7.1SDKを選んで、適用、OKをクリックします。
vcit54.png

参考ですが、Windows7.1SDKを選んだときにディレクトリ設定は以下のようになっていました。
vcit55.png

環境変数$WindowsSdkDirを確認してみます。
インクルードディレクトリを選び、編集をクリックします。
vcit56.png

マクロをクリックします。
vcit57.png

WindowsSdkDirがWindows SDK 7.1のインストールフォルダになっていることを確認します。
vcit60.png

これで環境設定は完了です。

次回もお楽しみに!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。