So-net無料ブログ作成
検索選択

VirtualBoxにCentOS7.0 x86-64をインストールしてみた [CentOS]

久しぶりCentOSのサイトを訪ねてみると、CentOS7がリリースされていました。
CentOS7.0は2014年7月7日にリリースされ、x86-64のみがサポート、i386は未サポートとなりました。
主な変更点です。(マイナビのCentOS 7登場 -XFS採用など より)
・カーネルをバージョン3.10.0へアップデート
・デフォルトのファイルシステムをXFSへ変更
・カーネルネイティブiSCSIおよびFCoEのサポート
・Linuxコンテナのサポート
・Open VMware Toolsおよび3Dグラフィックドライバを同梱
・デフォルトのJDKとしてOpenJDK 7を採用
・ext4およびXFSにおけるLVMスナップショットのサポート
・systemdの採用
・firewalldの採用
・GRUB2の採用
・40GbE NICのサポート
・UEFI Secure Bootへの対応

さっそくダウンロードします。ここからDVD ISOがダウンロードできます。

VirtualBoxは4.3.12で、RedHat(64bit)で仮想マシンを作成しました。
20140723-01.png

では、インストールです。予めDVD ISOをマウントしておき、起動します。
20140723-02.png

エンターキーを押します。
20140723-03.png

Escでチェックをスキップします。
20140723-04.png

ちょっと待ちます。
20140723-05.png

日本語にするので、サイドバーを下に下げます。
20140723-06.png

日本語を選んで、続行をクリックします。
20140723-07.png

インストール先をクリックします。
20140723-08.png

特に変更することはありません。完了をクリックします。パーティションを変更したい方は、ここで変更します。
20140723-09.png

ネットワークとホスト名をクリックします。
20140723-10.png

設定をクリックします。
20140723-11.png

全般タブを開きます。
20140723-12.png

この接続が利用可能となったときは~ にチェックを入れます。
20140723-13.png

固定IPにしたいので、IPv4のセッティングをクリックします。
20140723-14.png

自動(DHCP)をクリックします。
20140723-15.png

手動に設定して、IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNSサーバーなどを設定します。
IPv6のタブをクリックします。
20140723-16.png

自動をクリックします。
20140723-17.png

IPv6は使わないので、無視するに設定し、保存をクリックします。
20140723-18.png

次に左下にあるホスト名を書き換えます。
20140723-19.png

ホスト名を変更したら、右上のスイッチがオフになっているので、オンにします。
20140723-20.png

接続の情報が出てきますので、確認します。間違っていたら、修正します。
20140723-21.png

良ければ、完了をクリックします。
20140723-22.png

次にソフトウェアの選択をクリックします。
20140723-23.png

最小限のインストールになっています。利用したいベース環境を選びます。
今回は、GNOME Desktopを選びました。
20140723-24.png

必要なアドオンにチェックを入れ、左上の完了をクリックします。
20140723-25.png

インストールの開始をクリックします。
20140723-26.png

インストールが始まります。しばらく待ちます。
20140723-27.png

GNOME Desktopでは、1,239のパッケージがインストールされます。
20140723-28.png

結構時間が掛かりました。さて、rootのパスワードを設定します。
rootパスワードをクリックします。
20140723-29.png

8文字だと弱すぎると言われます。
20140723-30.png

11文字ぐらいで、普通の強度のなります。完了をクリックします。
20140723-31.png

ユーザーが必要であれば、ユーザーの作成をクリックします。
20140723-32.png

ユーザー名とパスワードを入力して、必要に応じてこのユーザーを管理者にするにチェックを入れ、完了をクリックします。
20140723-33.png

設定完了をクリックします。
20140723-34.png

ここでも、しばらく待ちます。
20140723-35.png

再起動をクリックします。
20140723-36.png

エンターキーを押します。
20140723-37.png

CentOSを起動します。
20140723-38.png

ライセンス情報をクリックします。
20140723-39.png

ライセンス契約に同意しますにチェックを入れ、完了をクリックします。
20140723-40.png

設定の完了をクリックします。
20140723-41.png

Kdumpが必要であれば、そのまま進むをクリックしてください。
不要なときは、チェックをを外します。
20140723-42.png

進むをクリックします。
20140723-43.png

はいをクリックします。
20140723-44.png

OKをクリックします。
20140723-45.png

エンターキーを押します。
20140723-46.png

ユーザー名をクリックします。
20140723-47.png

パスワードを入力して、サインインをクリックします。
20140723-48.png

おぉ!デスクトップがでてきました。
20140723-49.png

日本語になっています。次へをクリックします。
20140723-50.png

次へをクリックします。
20140723-51.png

次へをクリックします。
20140723-52.png

Start using CentOS Linuxをクリックします。
20140723-53.png

ヘルプが表示されます。×ボタンで閉じます。
20140723-54.png

終了するときは、ユーザー名をクリックして、電源オフを選びます。
20140723-55.png

電源オフをクリックします。
20140723-56.png

これでインストールは完了です。

次回もお楽しみに!!