So-net無料ブログ作成

Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップ同時接続数を変更しよう [Windows]

Windows Server 2008 R2では、デフォルトで1ユーザー、1セッションにになっています。
このため、Administratorでログオンしているサーバーにリモートデスクトップ接続でログオンすると、ログオンしていたユーザーはログオフの状態になってしまいます。

Windows Server 2008 R2にAdministratorでログオンしている。
rmdt01.png

リモートデスクトップ接続する。
rmdt02.png

Administratorを選ぶ。
rmdt03.png

Administratorでログオンする。
rmdt04.png

ログオンセッションがリモートデスクトップになりました。
rmdt05.png

最初にログオンしていたほうは、ログオフ状態になりました。
rmdt06.png

Ctrl+Alt+Delを押すと、リモートからログオンしていることがわかります。
ここでログオンします。
rmdt07.png

リモート側のセッションが切れました。
rmdt08.png

このように1ユーザー、1セッションとなっているので、どちらかのセッションしか有効になりません。
複数のユーザーを作成しておけば、ユーザー単位で1セッションなので、セッションの衝突を回避することは可能です。
でも、やっぱり使いにくいので、1ユーザー、1セッションの設定を変更したいと思います。

スタートから管理ツール→リモートデスクトップサービス→リモートデスクトップセッションホストの構成を選びます。
rmdt09.png

「1ユーザーにつき1セッションに制限する」が「はい」になっています。
タブルクリックで開きます。
rmdt10.png

1ユーザーにつき1セッションに制限するのチェックを外します。
rmdt11.png

外したら、OKをクリックします。
rmdt12.png

「1ユーザーにつき1セッションに制限する」が「いいえ」になりました。
これで、同時にログオンできる状態になっています。
rmdt13.png

もう一度、リモートデスクトップ接続からログオンします。
rmdt14.png

すでにログオンしているほうは、何も変化はありません。
rmdt15.png

リモートデスクトップ接続のほうも、ちゃんとログオンできています。
rmdt16.png

次回もお楽しみに!!

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 1

森隆弘

最近AEROADMINを使い始めた。いいアプリだよね。動作は重くない・・・あなたもやってみてください
by 森隆弘 (2017-05-07 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。