So-net無料ブログ作成

バッチファイルでディスクの空き容量をログファイルに出力しよう [BAT]

空き容量をログファイルに出力するバッチです。
タスクスケジューラに登録し、定期的に出力すると、増減が分かります。
以下のバッチはCドライブとDドライブを出力します。必要に応じてドライブを増やしたり、減らしたりしてください。

---
@echo off

set CUR_DATE=%date:~-10%
set CUR_TIME=%time:~0,8%
set CUR_TIME=%CUR_TIME: =0%

dir C: | find "空き領域" > dir.txt.tmp
for /F "tokens=3 delims= " %%a in ( dir.txt.tmp ) do set C_DRV=%%a

dir D: | find "空き領域" > dir.txt.tmp
for /F "tokens=3 delims= " %%a in ( dir.txt.tmp ) do set D_DRV=%%a

set C_DRV=%C_DRV:,=%
set D_DRV=%D_DRV:,=%

echo %CUR_DATE%,%CUR_TIME%,C:%C_DRV%,D:%D_DRV% >> disk.log

del dir.txt.tmp
---
出力イメージです。単位はバイトです。
2013/02/02,22:00:00,C:48138416128,D:46418534400

次回もお楽しみに!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0