So-net無料ブログ作成
検索選択

ポリシーベースのQoSで帯域制御(制限)をしよう [Windows]

Windows Server 2008よりポリシーベースのQoSが設定できるようになりました。
これによって、簡単にoutboundの帯域制御が可能です。
今回はWindows Server 2008 R2でポリシーベースのQoSを設定します。
もちろんWindows7でも同じように設定することが可能です。

まず、グループポリシーエディターを起動します。
スタート→ファイル名を指定して実行をクリックします。
gpedit.mscと入力して、OKをクリックします。
qos01.png

コンピューターの構成とユーザーの構成のどちらにもポリシーベースのQoSはあります。
コンピューターの構成で設定すれば、ユーザーにかかわらず、そのコンピューターのすべてのユーザーに適用されます。
ユーザーの構成で設定すれば、ユーザー毎に異なる設定が可能となります。
今回は、コンピューターの構成で設定を行います。
Windowsの設定の中にポリシーベースのQoSがありますので、展開します。
qos02.png

ポリシーベースのQoSを右クリックして、新規ポリシーの作成をクリックします。
qos03.png

ポリシー名を入力します。
DSCP値を指定するのチェックを外し、出力方向のスロット率を指定するにチェックを入れます。
300と入力し、KBpsを選んだら、次へをクリックします。
qos04.png

デフォルトのすべてのアプリケーションを選び、次へをクリックします。
qos05.png

次の宛先IPアドレスまたはプレフィックスのみにチェックを入れ、192.168.32.0/24と入力し、次へをクリックします。
qos06.png

デフォルトのまま完了をクリックします。
qos07.png

これで192.168.32.0/24向けにMAX 300KBpsの制御ができました。
qos08.png

クライアントからftpでファイルをダウンロードします。
約300KBpsで制御されています。
qos09.png

とっても簡単に設定ができました。

次回もお楽しみに!!

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

SHOSHI

情報ありがとう。
by SHOSHI (2016-12-19 20:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0