So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows Server 2008 R2にActive Directoryをインストールしよう [No.9] [Active Directory]

前回はコンピューターとユーザーの作成をしましたので、コンピューターをドメイン参加させて、ドメインユーザーでログオンします。
Windows XP SP3を用意しました。では、ドメイン参加を行います。

ネットワークの設定をipconfig /allで確認します。
DNSにADサーバーのIPアドレスが設定されていることを確認します。
dca01.png

設定されていない場合は、ローカルエリア接続のプロパティを開いて、TCP/IP詳細設定のDNSに登録してください。
dca02.png

ADサーバーにpingで疎通を確認します。pingが通ることを確認してください。
dca03.png

スタートメニューからコントロールパネルを開き、システムをダブルクリックで開きます。
コンピュータ名のタブをクリックします。
dca04.png

変更をクリックします。
dca05.png

ドメインにチェックを入れ、ドメイン名(local.localdomain.com)を入力し、OKをクリックします。
dca06.png

ユーザー名にAdministratorと入力し、パスワードを入力してOKをクリックします。
dca07.png

OKをクリックします。
dca08.png

OKをクリックします。
dca09.png

OKをクリックします。
dca10.png

はいをクリックします。
dca11.png

オプションをクリックします。
dca12.png

ログオン先をドメイン(LOCAL)にしてから、ユーザー名にAdministratorと入力し、パスワードを入力してOKをクリックします。
dca13.png

ログオンできました。
dca14.png

メニューも通常のメニューです。
dca15.png

ドライブも見えます。
dca16.png

Internet Explorerも通常のものです。
dca17.png

Ctrl+Alt+Delを押します。
dca18.png

ドメインユーザーのultra.sevenでログオンします。
dca19.png

ユーザー作成時にチェックを入れた初回時にパスワード変更が必要が有効になっています。
OKをクリックします。
dca20.png

新しいパスワードを入力します。パスワードポリシーに従ってください。
dca21.png

ポリシーを満たすと、変更に成功します。OKをクリックします。
dca22.png

デスクトップにはアイコンが表示されません。(ポリシー制御)
dca23.png

スタートメニューも表示が減りました。(ポリシー制御)
dca24.png

ドライブは全く見えなくなりました。(ポリシー制御)
dca25.png

Internet Explorerのお気に入りがグレーアウトされました。(ポリシー制御)
dca26.png

グループポリシーが適用されていることが分かります。
グループポリシーをすぐに適用したければgpupdateコマンドで可能です。
基本的な使い方はgpupdateですが、強制的に適用した場合は、gpupdate /forceとします。
dca27.png

これで「Windows Server 2008 R2にActive Directoryをインストールしよう」は終了です。

次回もお楽しみに!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0